照明の種類|部屋が快適になる家具|ホームセンターで買い揃えられる

部屋が快適になる家具|ホームセンターで買い揃えられる

照明の種類

ランプ

照明器具は室内を明るく照らすだけでなく、インテリアとしても重要な役目を果たすものです。照明の光源の種類としては、白熱電球のほか蛍光灯があり、さらにLEDも有力な光源となっています。白熱電球は熱効率が悪いため、現在ではあまり見かけないものですが、小型化できることから小型照明に使われています。しかし、小型照明に使われる場合には、白熱電球よりも電球型蛍光灯や電球型LEDが使われるようになっています。照明器具の交換に関しては、電球型の場合にはソケットがあれば電球を簡単に取り付けることができますし、室内で使われる吊り下げ式や天井に取り付けるシーリング式のものでもコンセントタイプの受け口であれば、誰でも取り付けることができます。

照明器具はその性質上、長時間にわたって利用するため省エネ化が求められます。このため、室内の灯りとして使われるのは白熱電球ではなく蛍光灯が、蛍光灯の登場以来使われてきました。またLEDが登場するまでは蛍光灯が省エネ照明の代表的な存在であり、このため電球型の蛍光灯も販売されています。一方で、蛍光灯では瞬間的に発光しないため光量が安定するまでに少し時間が掛かります。このため、オンオフを繰り返すような場所では適していません。そして、蛍光灯に代わり登場したのが発光ダイオードを利用したLEDです。LEDは単体では僅かな光しか発しませんが、これらを組み合わせることで大きな光源としたものが使われています。現在では、専用のLED照明器具があるほか、電球や蛍光灯のソケットに使えるものも登場しており、より小さな電気で光源を得ることが出来るようになっています。

Copyright © 2017 部屋が快適になる家具|ホームセンターで買い揃えられる All Rights Reserved.